漢方と病院の併用

原因がはっきりしている不妊は、西洋医学で

局部的な方法で治療するのが西洋医学

妊娠しないのには何か原因があるはずという観点から、西洋医学では 何が原因なのか、さまざまな検査をすることで見つけ出し、それに対応する 処置を施していきます。

  • ホルモン分泌が少ない→薬や注射でホルモンを調節
  • 排卵がない→排卵誘発剤
  • 卵管が狭い・閉塞→卵管の通りをよくする
  • 受精卵がつくれない→体外受精etc

原因そのものを治療する局部的な方法が西洋医学の治療法です。

 

原因不明の不妊や高齢の不妊は、漢方で

根本的に体を元気にすることが大事

さまざまな検査を受けても、男性側、女性側どちらにも決定的な原因が 見当たらない場合を機能性不妊といいます。全体の3割にものぼります。

西洋医学では、不妊となれば主に子宮や卵巣、精巣に限定した場所を 治療対象としますが、漢方では、子宮や卵巣、精巣を含めた体全体が 治療対象となります。すべて体は心も含めてつながっているので、子宮だけが調子悪くて、他は元気ということはありえないと考えます。

そこで漢方の独特な観点ですが、「冷え」が内臓の機能低下を及ぼし ホルモンのバランスを崩し、不妊につながるという 「局部だけではなく体全体をみる」ことにいきつきます。

 

西洋医学と漢方の両方をうまく使う

漢方を使っての体づくり

妊娠できる準備が体に備わり整っている状態だからこそ命の宿ると考えています。 女性の本能である「妊娠」がしにくい体の状態であるならば、せっかくの高度生殖 医療もその力を発揮しにくいでしょう。

西洋医学が苦手な

  • 卵子や精子の質をあげること
  • 子宮内膜をふかふかに厚くすること
  • ホルモンバランスを整えること
  • 体と心のバランスをとること

を漢方は担当します。

自然妊娠を希望される方も、病院での治療を希望される方両方にとって 本当に大きなメリットが漢方を使っての体作りにはあると考えております。

 
漢方・不妊のことなら、おまかせください。
無料相談はこちら