流産経験のある方は、妊活中から流産予防を!

はーい☆
板野郡藍住町で子宝を漢方で応援する
みどり薬店 上田晃平 です。

今日は祖谷の方まで行ってきました。

本日は妊活中からの流産予防の大事さについて。

流産って経験したくないですが、妊娠した女性の15%は流産されます。
そのうち半分は、医学ではどうすることもできません。

しかしあとの半分は予防が可能です。
流産経験のある女性には、必ず妊活中の流産予防を
おすすめいたします。

□流産の定義について
妊娠22週未満(21週6日目まで)の胎児が母体から娩出されること。
(日本産婦人科学会)を「流産」と定義しています。
つまり、なんらかの原因で胎児が亡くなってしまい妊娠が
継続できなくなることです。
なぜ流産するのでしょう?

何が問題だったか?
あんなに待ち望んでいたのに。。。
あんなに気を使っていたのに。。。

流産ではないですが、
私自身、自分の子供の「死産」を経験しております。

上記と同じ気持ちになったことを、
思い出します。

流産の原因として、

  1. 夫婦染色体異常・・・初期流産の原因の半分以上。自然淘汰であることがほとんど。
  2. 内分泌異常・・・甲状腺異常、糖尿病によるリスクの流産リスクの上昇による。
  3. 凝固異常・・・血栓症による流産があります。

1は対処や治療があるものが無いですが、
2内分泌異常 3凝固異常が理由であるならば、
漢方薬と食養生で予防できることがほとんどです

過去のつらい流産経験から、わかることも多いのです。
それで対処もできるのです。

流産はつらいことですが、
「妊娠できる」という事が大切です。

あとは十月十日の180日育てることが出来る身体づくりですね。
☆☆☆☆★ご案内★☆☆☆☆
7月19日(金)13時30分〜14時30分
「子宝セミナー&相談会」開催‼
医学博士 邵輝(ショウキ)先生 来店‼

医学博士 邵輝(ショウキ)
医学博士 邵輝(ショウキ)

この度、「子宝セミナー&相談会」を開催します。今回は、「妊娠率日本トップレベル」の神戸にある英ウィメンズクリニックで漢方相談もされている邵輝医学博士を招き「妊娠しやすい身体作り」についてご講演いただきます。
「参加無料・完全予約制」です。先着順ですので急いでお申し込みください!

 

病院の紹介も行っております

費用の目安は
女性の場合:一ヶ月2万円〜
男性の場合:一ヶ月1万円〜

練馬漢方堂

フリーダイアル 0120-75-7084(携帯からもOK)
電話 03-6914-5714

不育症~元気に育って~

東京都練馬区で子宝を漢方の知恵で応援する
練馬漢方堂の 上田晃平 です。

今日も妊娠のご報告をいただきました!(*^。^*)

妊娠したら、「元気に育って!」
みんなママでもそう思いますよね。

妊娠がゴールではなく、そこから十月十日おなかの中で育てていく事になります。

不妊症は有名になりましたが、「不育症」はある程度認知はされてきましたが、
まだまだこれからのワードですね。

不育症 不妊症とは異なり、妊娠することはできるが、流産や子宮内胎児死亡などを繰り返し、生児を得るに至らない病状    <不育症学級より>

初めに、流産には2種類あって、一つ目は病的な流産であり、もう一つは病的ではない流産です。
本来ならば生まれてくるべき命が、なんらかの理由で妊娠の途中で失われてしまう状況を
「不育症」と呼び治療対象となります。

ただ、そのような状況は実際には多くなく、多くの流産は病的ではない流産です。

知っておかないといけないことは、妊娠したら15%の方が流産します
一人の女性が10回妊娠すれば、そのうち1~2回は流産します。
そのほとんどは胎児側の染色体異常によるものです。「自然淘汰」で自ら命のステージを降りてしまうのです。




流産率は女性の年齢が上がれば上げるほど増加します。
10代から35歳まではだいたい横ばいで35歳の流産率は約20%と報告されています。
しかし、35歳以降急激に上昇し、40歳で40%、42歳で50%に達し、
42歳以上では80~90%といわれています。
よって女性側の体内のコンディションが非常に大事です。

妊娠してからでは遅いのがわかると思います。
ただでさえ受精卵の染色体異常は40%にのぼります。

40%!!

驚きではないでしょうか?
ですので、多くは妊娠がわかった後の「自然淘汰」の妊娠のことを「流産」と呼んでいるに過ぎないということになります。

もしかしたら、そういう意味(受精卵から数えるような本人も気づかない超早期流産)での「流産」なら、流産を経験したことない女性はほとんどいないかもしれません。

妊娠する前からの身体づくりの重要性を感じてくださいね。

医療の進歩による、見つからなくてよい?早期の流産までわかるようになってきました。
カウンセリングをしていて流産の確率を知ってビックリされることがあります。
流産の常識が、浸透していない状況があると思います。

「無事に生まれてあたりまえ」
ではありません。
正しい知識が必要です。
妊娠前から、妊娠してから、やることは本当に多くあります。
お腹を温めて、温かい羊水で赤ちゃんを育ててあげてください。
是非お腹の赤ちゃんに話しかけてもあげてください。
パパも同じように、お腹に手を当てて。
ママからの幸せホルモンが臍の緒を通じて赤ちゃんは解るようです。
自分の事を大事な存在だと認識するのですね。
「胎教」ってこういうことだと思います。
それでもどうしても赤ちゃんは自分で決めて命のステージを降りることがあります。
その時は、一緒に赤ちゃんと居れた時間を大切に思ってあげてください。
自分自身を責めないであげてください。
あなたにとっては短すぎる時間かもしれませんが、その子の一生を思いっきり抱きしめてあげてくださいね。
あなたと過ごした大切な時間です。
妊娠出産は自然の営みです。
「授かる」という言葉は本当にそのとおりだと思います。
ぜひお一人で悩まないようご相談くださいませ。

☆☆☆☆★ご案内★☆☆☆☆
7月19日(金)13時30分〜14時30分
「子宝セミナー&相談会」開催‼
医学博士 邵輝(ショウキ)先生 来店‼

医学博士 邵輝(ショウキ)
医学博士 邵輝(ショウキ)

この度、「子宝セミナー&相談会」を開催します。今回は、「妊娠率日本トップレベル」の神戸にある英ウィメンズクリニックで漢方相談もされている邵輝医学博士を招き「妊娠しやすい身体作り」についてご講演いただきます。
「参加無料・完全予約制」です。先着順ですので急いでお申し込みください!

 

病院の紹介も行っております

費用の目安は
女性の場合:一ヶ月2万円〜
男性の場合:一ヶ月1万円〜

練馬漢方堂

フリーダイアル 0120-75-7084(携帯からもOK)
電話 03-6914-5714